Real Estate

自分たちの城を選ぶ

子育て時期の不動産の選択

House

結婚し、子供のいる多くの家庭では、一度は一戸建ての不動産の購入を考えると思います。土地や家の広さ、間取りやデザインなど、子育てしやすい、自分たちの好みに近いものを手に入れるため、不動産業者めぐりをする者も多いでしょう。立地や利便性、注文住宅か建売か、新築か中古か中古のリフォームか、など非常に多くの選択肢があります。一戸建て以外の選択肢として、分譲マンションもあげられます。最近のマンションは、最新の耐震基準であったり、省エネに配慮したエコマンションで光熱費が節約できたり、マンションの共同利用設備が充実したりしています。共同利用設備は、スポーツジムや図書室、託児室や待合室、温泉などがあり、マンションの住民は自由に利用できるところが多いのです。

老後における夫婦の指向性

不動産関係者によれば、一般に、夫は一戸建てを好み、妻はマンションを選ぶそうです。男性は、マイホームという「自分の城」を持ちたがり、女性は、日々の生活が快適になる設備が整っているのを好むようです。資金が十分にあれば、マイホームにそれらの設備をつければいいかもしれませんが、個人ですべてを整えるのは限界があります。そういった指向性の違いは、老後にもあるそうです。定年退職を迎え、子供も独立したときに、それまで住んでいた家を売却し、田舎暮らしをしたいと考える夫は多いでしょう。一方妻は、生活の便利な都会に住みたいと考え、もめる夫婦も多いそうです。不動産関係者によれば、老後は、中小都市の駅前のマンションに住むのがおすすめらしいです。高齢になれば、通院することも多くなり、日常生活も不便になることを考えると、駅前という立地が良いそうです。