Real Estate

土地の値段変動

土地の状況で変わる単価

House

不動産取引をする場合に、その土地をよく調べることが重要です。土地は単に面積に単価を乗じて価格が出るわけではありません。最終的な計算は面積あたりに単価から積算することになりますが、土地には様々な形状や状況がありますから、周辺価格に比べると、少しずつプラスやマイナスがされることになります。特に問題になるのが、そのまま使用できる土地かどうかです。例えば、隣地との関係で擁壁を立てないといけなかったり、道路との高低差があるために、掘削や埋立てが必要になったりする場合には、それだけでもかなりの費用が必要になりますので、そのような必要がない土地と比べると、それだけ高い土地ということになってしまいます。外構費用まで含めた検討が必要です。

値段交渉に必要な知識

不動産の状況によって単価は変わってきますので、実際の不動産取引を行う場合には、交渉の駆け引きを行うことが重要です。相手の言いなりにならずに、自分なりの考えを持って交渉に臨みましょう。不動産の価格は決まったものがあるわけではありません。売り手と買い手の合意によって決まるわけですから、多少なりとも交渉の余地はあります。売買の対象不動産をよく調べたうえで、近隣の土地に比べて問題がないかどうかで、自分なりのプラスやマイナスの評価を行ってみる必要があります。もちろん、それだけで価格を出すことはできませんが、売り手に土地に潜む欠点を告げるだけでも、交渉の余地は広がることになります。それにより、少しでも価格を下げられれば儲けものです。